皆様の声


ここでは顧客の皆様や講演の視聴者、学生からの声を一部ご紹介いたします。

「あなたは私達の研究チームにとってかけがえのない人物です。」
   -カーネギー財団 環境価値、政策、グロバリゼーション研究プロジェクト
    日本チームリーダー 嘉田由紀子氏

「(インド、中国、アメリカ、日本から参加した)このプロジェクトチームの者はみんな、あなたを尊敬しています。」
   -カーネギー財団 研究局長 J. バウアー氏

「あなたの助力で作成されたこの環境交換留学プログラムはとても素晴らしいし、先見性があります。それにコストも大きく削減できました。」
   -日本の某大学の学長(都合により匿名)

「あなたと仕事ができて楽しかったです。あなたは進んで自分の時間を割いてくれましたし、外部理事からの横やりに直面しても、辛抱強く明るく対応して仕事をやり遂げてくれたことには、大変感謝しています。革新的な指導法に取り組むあなたの能力とやる気のおかげで、私達の日本プログラムは素晴らしく良くなりました。私達の資源やニーズや期待を明快にする技能を身につけてくれましたし、その知識を発揮してこの仕事を『正しく』やり遂げてくれました。」
   -アンティオク大学 海外教育部 前ディレクター J. ウォレス氏

「あなたの研究によって、私達の中国国家環境保護局との協同プログラムに新しい戦略の中心ができました。あなたの仕事は市の環境ハンドブックの基礎になりました。これは北京、上海、天津、深せん、蘭州の市の行政が使う歴史的な公的情報文書ですよ。」
   -米中環境基金(U.S.-China Environmental Fund)代表 M. ブロディ氏

「(環境と日本についての)あなたの研究は素晴らしい。オックスフォードかケンブリッジあたりから出版できると思います。」
   -ウィスコンシン大学マディソン校 G. ウィルソン教授

「あなたは我々にとって大きな財産です。今回の日本への旅は非常に楽しかったし、あなたが橋渡し役として動いてくれたおかげで、外国にいるという気が全くしませんでした。経済的にも非常に公正だったと思います。」
   -OCIA(Organic Crop Improvement Association International: 北米の最大な有機認証団体)前取締役 S. ウェルチ氏より

「あなたの報告書は素晴らしい。早速プロジェクトのメンバーに配布して、基金の寄付者にもすぐに見せましょう。」
   -環境防衛基金(EDF: Environmental Defense Fund、現在はEnvironmental Defenseに改称)C. アンドレス氏

「あなたは我が社の主軸になりました」
   -プラネットバウンド(株)最高経営責任者J. モンロー氏

「非常に魅力的なお話でした。日本とアメリカの間には、多くの違いがあるだけでなく、こんなにも深く色んな環境に関する類似点があるとは気が付きませんでした。ありがとうございました。」
   -日本のコンサルティング企業Do Comunis社長 佐藤氏

「ホフマン教授が我々にしてくれた事は実におどろくほどの量だ。おかげで私はこの環境に留まるために何をすべきか本当に分かるようになった。色んなアイデアが湧き出て、食品科学に関係するような環境の専門家と相談する仕事をしたいと思うようになったし、自分の習慣を直そうという気にもなった。このことはこの先も私の転機になるだろうと思う。生徒としてこういう経験が出来たことが大変嬉しいです。」
   -アンティオク大学 学生の講義評価書より

「ホフマン先生は尊敬できる教師だ。教える内容についてとても良く知っているし、非常に熱心だ。また学生がどういった場合に学習上の問題を抱えるのか、よく知っている。私はこの授業で沢山の事を学ぶことができた。おかげで環境研究の分野で働く意欲がさらに湧いてきた。」
   -アンティオク大学 学生の講義評価書より

「あなたの仕事はこの組織には非常に重要です。」
   -日米コミュニティ・エクスチェンジ 前プログラムディレクター K. Urosevich氏

「このプロジェクトができて良かったと思います。このおかげで我々も前進することができます。あなたはインタビュー技術の師匠ですね。」
   -日米コミュニティ・エクスチェンジ 代表理事 今田克司氏

「あなたの(問題解決するための)提案は素晴らしい。できるだけ実行に移すようにしましょう。」
   -国際捕鯨委員会 アメリカ合衆国委員 R. シュミッテン氏

「(日本の環境問題に関する)非常に印象深いお話でした。」
   -ウィスコンシン州自然資源局 絶滅危惧種専門官 D. Kopitzke氏

「(日本の環境問題に関する)すばらしいお話でした!」
   -Waste Cap Wisconsin前代表 S. Newenhouse博士より

「素晴らしい(環境と心理学に関する)ワークショップでした。この内容はわれわれの全米出版物に載せたいと思います。」
   -アメリカ・ウィスコンシン州マディソンの某カウンセラー(プライバシー保護のため匿名)

トップページへ戻る